髪の毛はヘアサイクルで一定量が維持されている!

 

ブラッシング後にブラシに付いた抜け毛やシャンプー後、排水溝に溜まった抜け毛を見て、「こんなにたくさん髪が抜けたら、数年後にはツルツルのハゲ頭になるんじゃないか・・・」と、不安を感じたことがある人は多いのではないでしょうか。

人の髪の毛は、平均で約10万本あるとされていますが、個人差があり、8~14万本と幅があり、多い人は15万本近いといわれています。

そのうち、1日に80~100本くらいは自然と抜け落ちていきます。

ブラッシングやシャンプー後、多量の抜け毛があっても、1日100本くらいまでなら特に問題はないのですが、単純に考えれば、数年後には髪の毛が全くなくなってしまうことになります。

それでも、一定量の髪の毛が維持できているのは、100本抜けても、また次から次へと新しい髪が生まれてくるからです。

髪の毛1本は、頭皮に埋もれている毛根の一番奥にある毛球という部分で生まれます。

この毛球には、髪の毛のもととなり「髪の製造工場」と呼ばれる毛母細胞と毛乳頭があります。

頭皮の毛細血管から送られる酸素や栄養素を毛乳頭が受け取り、毛母細胞が盛んに細胞分裂を繰り返して新しい髪の毛1本が生まれ、どんどん成長していきます。

そして、成長期(2~6年、女性の場合は約4~6年)→退行期(2~3週間)→休止期(2~3ヶ月)というヘアサイクルを経て、最後は自然と抜け落ちて、髪の毛1本の一生が終わります。

このように、髪の毛はヘアサイクルを経て、古い髪は抜け落ちて、また、同じ毛根から新しい髪が生まれるというサイクルがあるので、一定量の髪が維持できているわけです。

しかし、何らかの原因で、このヘアサイクルが乱れ、成長期が短くなって、休止期に移行する髪の毛が多くなると、多量の抜け毛が発生します。

また、髪が太く長く成長しないうちに、休止期に移行し、成長不足の細い髪の毛の割合が増えれば薄毛ということになります。

花蘭咲

こうした症状は、男性の場合、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが深く関係していますが、女性は、睡眠不足、栄養バランスが偏った食事、ストレス、間違ったヘアケアなど、日頃の生活習慣の中にヘアサイクルを乱す要因が潜んでいます。

男性の薄毛のほとんどはAGAと呼ばれる男性型脱毛症で、遺伝的な要因が強いので、なかなか改善は難しいですが、女性の場合は、日頃から規則正しい生活習慣を送り、正しいヘアケアを施して頭皮環境を整えていれば、正常なヘアサイクルを保つことができます。

 

 

 

長く継続できる無理のない運動で・・・

 

若い頃は、毎日、体をよく動かしていたためスリムな体型を維持できましたが、40~50歳代になって、全く運動することがなくなり、さらに、毎晩、お酒を飲み、高カロリーの食材ばかり食べて、食べ過ぎの食生活。

このような運動不足と食べ過ぎの生活を続けていると、当然、体に余分な脂肪が溜まり、どんどん肥満体型に変わっていきます。

そして、体型が太くなるだけでなく、食事で摂取した余分なエネルギーは、血液中の血糖や中性脂肪という形であらわれ、血液が徐々にドロドロ化していきます。

このドロドロ化した血液が、一時的なものであれば、また、サラサラの状態に戻りますが、血液の粘度を高める血糖や中性脂肪が、食べ過ぎのために、常に溢れていると、血液のドロドロ化が慢性化してしまいます。

すると、脳や心臓の血管に動脈硬化が起って詰まると脳梗塞や心筋梗塞、さらに、糖尿病など、命にかかわる障害を引き起こすことになってしまいます。

現在、このような内臓に溜まった脂肪が原因で、さまざまな病気を引き起こす危険性の高い状態を「メタボリックシンドローム」と呼ばれていますが、40~50歳代の方が健康診断を受けて、メタボリックシンドローム、あるいは、肝臓や血圧の数値を注意される方が増えています。

このような危険な状態を改善するには、やはり、運動と食事コントロールが必要になります。

一口に運動と言っても、数多くの種類がありますが、血液をサラサラ化に戻す効果のある運動は、心拍数が少し上昇する程度のウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動が有効です。

そして、自分自身の1日あたりの適正な摂取量を知り、その食事量を毎日規則正しく摂取することが大切です。

いくら運動量を増やして消費エネルギーを増やしても、食べ過ぎの食生活を続けていては、運動する意味がないわけです。

ですが、毎日、ウォーキングやジョギングなどを行っても、1日あたりの効果は、ほんの僅かです。

毎日、コツコツと長く継続することが大切です。

そのために、呼吸が苦しくなるような激しい運動は避けて、自分の体力に合わせて、長く継続できるレベルで無理のない運動で行いましょう。

しかし、実際は、忙しい毎日で、なかなか運動する時間が取れない・・・

という方が多いと思います。

そんな方には、サプリメントも有効かもしれません。

例えば、肝臓や血圧に不安を感じている方には、漢方食品のサプリメント「肝パワーE+」。

また、代謝をアップいたいと思うなら、酵素ドリンクなど。

これらのサプリメントを活用しながら、空き時間があるときは、積極的に運動するという生活習慣を心掛けてみましょう。