サプリメントの前に正しい運動と食事を・・・

ダイエットを行うと決意したその瞬間が、一番やる気に溢れかえっているのではないでしょうか。

その時は、モチベーションも高いので、少しくらい辛いダイエットでも「頑張って絶対に成功する・・・」という気持ちで始めますが、実際は、なかなか継続できずに、多くの方が途中で挫折してしまいます。

このように、途中で挫折しないために、ストレスがかからず、体力的、時間的にも無理のない方法で行うことが大切ですが、中には、間違った方法で行ったり、ウソのダイエットに騙されたりすることもあります。

現在、インターネットでダイエットについて検索すると、星の数ほどのダイエット商品や情報がヒットします。

さらには、テレビや雑誌などにも、多くのダイエット法が紹介されて、世の中は、さまざまなダイエット情報が溢れ返っているという状態です。

しかし、これらのダイエットに挑戦しても、思うように痩せられないで失敗に終わるという方が少なくありません。

「短期間であっという間に・・・」「○○を食べるだけで直ぐに痩せる・・・」などと、甘い言葉に惹かれて実践したけど・・・、後で、間違ったダイエットやウソのダイエットだったということに気付くのではないでしょうか。

例えば、炭水化物の摂取をできるだけ避ける方法だったり、バナナやリンゴ、サプリメントなどの単品だけを食べ続ける方法などがありますが、どの食品も、それだけ食べていれば確実に痩せるというものは絶対にありません。

また、ダイエットを始めて1ヶ月くらいで目標体重に到達したけど、直ぐにリバウンドで逆戻り・・・

このような期間限定では、何の意味もありません。

そもそも人の体は、バランスの良い食事を摂らないと、消費のためのエネルギーが不足して痩せることはできません。

健康的に痩せるには、タンパク質、脂質、糖質の3代栄養素をバランスよく摂取することが大切で、できれば、肉、魚、貝、豆類、卵、乳製品、油脂、海藻、野菜の9品目をバランスよく摂ることが必要です。

ダイエットの基本中の基本は単純ですが、1日あたりの総消費カロリーが総摂取カロリーを上回れば痩せられるということです。

しかし、この差を、食事制限してつくるのではなく、運動して消費を増やしてつくることが理想的です。

当然、栄養バランスとカロリーを考えた食事を規則正しく摂ることが前提になります。

筋力トレーニングで筋肉を鍛えて基礎代謝量を高め、それに加え、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行うことで消費カロリーが高まり、余分な脂肪が燃焼して健康的に痩せられるわけです。

このような運動と栄養バランスの良い食事を摂ったうえで、もし「健康に良い・・・ ダイエットに効果的・・・」という食材やサプリメントがあるなら、試してみるのもいいかと思います。

例えば、サプリのフローレスEPAは、イワシやマグロなどの青魚に含まれている多価不飽和脂肪酸のEPAが手軽に摂取できます。

最近の研究によると、EPAを摂取すると「GLP-1」という痩せるホルモンが多く分泌されて、ダイエットに効果的であると発表されています。

また、トマトに含まれている成分のリコピンもダイエットの効果が得られるといわれて「夜スリムトマ美ちゃん」というサプリメントが人気になったり、最近では、酵素ドリンクを飲むことによって、代謝を促進する効果が期待できるということで、多くの女性の間で人気になっています。

酵素ドリンクとは酵素が多量に含まれた飲み物を指し、野菜やフルーツの栄養も含んで、ベジライフ酵素液やベジーデル酵素液といった人気のドリンクが販売されています。

これらのサプリメントは、どのくらいの効果があるか分かりませんが、おそらく、これら単品だけで痩せようとしても無理があるでしょう。

弊害がでないように、栄養バランスの良い食事と合わせて行うようにしましょう。

 

 

筋力トレーニングの後に有酸素運動を!

ダイエットするには、まず筋肉量を増やして基礎代謝を上げることがダイエットの基本となります。

それでは、どんな運動が必要なのでしょうか?

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は、とても人気で多くのダイエッターが実践し、その効果が認められていますが、やり過ぎは、逆に筋肉量を減少させることになってしまいます。

確かに有酸素運動は、体脂肪を燃焼する効果がありますが、体脂肪燃焼と同時に筋肉も燃焼してしまう恐れがあります。

また、食事制限だけによるダイエット法は、体脂肪より筋肉のほうが多く減少してしまいますので要注意です。

最も効果的に筋肉を鍛えられるのは、やはり、筋力トレーニングなどの無酸素運動です。

しかし、特に女性は、筋力トレーニングと聞くと重いダンベルを持ち上げたりするなど、とても激しい運動というイメージがあり、どうしても敬遠ぎみになってしまいます。

ですが、一口に筋力トレーニングと言っても、ボディビルダーやプロスポーツ選手などが行うハードなトーレーニングから、自宅で誰でも簡単に行える優しいトレーニングまで幅広くありますので、女性や運動経験のない方でも、安心して筋肉を鍛えることができます。

まずは、無酸素運動で筋肉量をアップして基礎代謝量を高く保ち、痩せやすい体をつくりましょう。

そして、現在、最もダイエット効果が高いとされている運動方法は、筋力トレーニングを行った後に、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行うことです。

始めの無酸素運動で、成長ホルモンやアドレナリンを分泌させて体脂肪が分解されれば、とても燃焼しやすい状態になっており、そこで有酸素運動を行えば、血液の中を流れている分解された脂肪酸が効率よく燃焼されるというわけです。

とは言っても、2、3日や1週間くらいの短期間で、何キロも体脂肪が燃焼されるわけではありません。

体重60キロ程度の一般的な方が、約1時間、10kmのジョギングをしても約600キロカロリー程度の消費にしかなりません。

体脂肪1グラムは約7キロカロリーとして計算すると、約85グラム。

しかし、実際はジョギングで消費された600キロカロリー全てが体脂肪燃焼につながるわけでなく、多くても半分くらいの量です。

したがって、1時間汗を流して頑張っても、僅か40グラム程度しか体脂肪は燃焼しないのです。

このことをしっかりと頭に入れてダイエットを科学的、物理的に考えれば、数日で何キロも体脂肪を燃焼するのは無理ということが分かると思います。

それでも、無酸素運動の後に有酸素運動という順番で行えば、有酸素運動単独で行った時に比べて、約30%も脂肪燃焼がアップするそうですし、以前は、有酸素運動は20分以上続けないと脂肪燃焼しないとされてきましたが、最新の研究報告によると、途中で数分の休息を入れても問題がないそうです。

1時間連続してジョギングした場合と、数分の休息を入れて細切れで合計1時間の運動では、大きな違いはないということです。

まずは、筋力トレーニング。

そして、空き時間があれば、積極的に有酸素運動を行いましょう。