長く継続できる無理のない運動で・・・

 

若い頃は、毎日、体をよく動かしていたためスリムな体型を維持できましたが、40~50歳代になって、全く運動することがなくなり、さらに、毎晩、お酒を飲み、高カロリーの食材ばかり食べて、食べ過ぎの食生活。

このような運動不足と食べ過ぎの生活を続けていると、当然、体に余分な脂肪が溜まり、どんどん肥満体型に変わっていきます。

そして、体型が太くなるだけでなく、食事で摂取した余分なエネルギーは、血液中の血糖や中性脂肪という形であらわれ、血液が徐々にドロドロ化していきます。

このドロドロ化した血液が、一時的なものであれば、また、サラサラの状態に戻りますが、血液の粘度を高める血糖や中性脂肪が、食べ過ぎのために、常に溢れていると、血液のドロドロ化が慢性化してしまいます。

すると、脳や心臓の血管に動脈硬化が起って詰まると脳梗塞や心筋梗塞、さらに、糖尿病など、命にかかわる障害を引き起こすことになってしまいます。

現在、このような内臓に溜まった脂肪が原因で、さまざまな病気を引き起こす危険性の高い状態を「メタボリックシンドローム」と呼ばれていますが、40~50歳代の方が健康診断を受けて、メタボリックシンドローム、あるいは、肝臓や血圧の数値を注意される方が増えています。

このような危険な状態を改善するには、やはり、運動と食事コントロールが必要になります。

一口に運動と言っても、数多くの種類がありますが、血液をサラサラ化に戻す効果のある運動は、心拍数が少し上昇する程度のウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動が有効です。

そして、自分自身の1日あたりの適正な摂取量を知り、その食事量を毎日規則正しく摂取することが大切です。

いくら運動量を増やして消費エネルギーを増やしても、食べ過ぎの食生活を続けていては、運動する意味がないわけです。

ですが、毎日、ウォーキングやジョギングなどを行っても、1日あたりの効果は、ほんの僅かです。

毎日、コツコツと長く継続することが大切です。

そのために、呼吸が苦しくなるような激しい運動は避けて、自分の体力に合わせて、長く継続できるレベルで無理のない運動で行いましょう。

しかし、実際は、忙しい毎日で、なかなか運動する時間が取れない・・・

という方が多いと思います。

そんな方には、サプリメントも有効かもしれません。

例えば、肝臓や血圧に不安を感じている方には、漢方食品のサプリメント「肝パワーE+」。

また、代謝をアップいたいと思うなら、酵素ドリンクなど。

これらのサプリメントを活用しながら、空き時間があるときは、積極的に運動するという生活習慣を心掛けてみましょう。