筋力トレーニングの後に有酸素運動を!

ダイエットするには、まず筋肉量を増やして基礎代謝を上げることがダイエットの基本となります。

それでは、どんな運動が必要なのでしょうか?

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は、とても人気で多くのダイエッターが実践し、その効果が認められていますが、やり過ぎは、逆に筋肉量を減少させることになってしまいます。

確かに有酸素運動は、体脂肪を燃焼する効果がありますが、体脂肪燃焼と同時に筋肉も燃焼してしまう恐れがあります。

また、食事制限だけによるダイエット法は、体脂肪より筋肉のほうが多く減少してしまいますので要注意です。

最も効果的に筋肉を鍛えられるのは、やはり、筋力トレーニングなどの無酸素運動です。

しかし、特に女性は、筋力トレーニングと聞くと重いダンベルを持ち上げたりするなど、とても激しい運動というイメージがあり、どうしても敬遠ぎみになってしまいます。

ですが、一口に筋力トレーニングと言っても、ボディビルダーやプロスポーツ選手などが行うハードなトーレーニングから、自宅で誰でも簡単に行える優しいトレーニングまで幅広くありますので、女性や運動経験のない方でも、安心して筋肉を鍛えることができます。

まずは、無酸素運動で筋肉量をアップして基礎代謝量を高く保ち、痩せやすい体をつくりましょう。

そして、現在、最もダイエット効果が高いとされている運動方法は、筋力トレーニングを行った後に、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行うことです。

始めの無酸素運動で、成長ホルモンやアドレナリンを分泌させて体脂肪が分解されれば、とても燃焼しやすい状態になっており、そこで有酸素運動を行えば、血液の中を流れている分解された脂肪酸が効率よく燃焼されるというわけです。

とは言っても、2、3日や1週間くらいの短期間で、何キロも体脂肪が燃焼されるわけではありません。

体重60キロ程度の一般的な方が、約1時間、10kmのジョギングをしても約600キロカロリー程度の消費にしかなりません。

体脂肪1グラムは約7キロカロリーとして計算すると、約85グラム。

しかし、実際はジョギングで消費された600キロカロリー全てが体脂肪燃焼につながるわけでなく、多くても半分くらいの量です。

したがって、1時間汗を流して頑張っても、僅か40グラム程度しか体脂肪は燃焼しないのです。

このことをしっかりと頭に入れてダイエットを科学的、物理的に考えれば、数日で何キロも体脂肪を燃焼するのは無理ということが分かると思います。

それでも、無酸素運動の後に有酸素運動という順番で行えば、有酸素運動単独で行った時に比べて、約30%も脂肪燃焼がアップするそうですし、以前は、有酸素運動は20分以上続けないと脂肪燃焼しないとされてきましたが、最新の研究報告によると、途中で数分の休息を入れても問題がないそうです。

1時間連続してジョギングした場合と、数分の休息を入れて細切れで合計1時間の運動では、大きな違いはないということです。

まずは、筋力トレーニング。

そして、空き時間があれば、積極的に有酸素運動を行いましょう。

 

 

いろいろな肌ケアがありますが、基本は・・・

肌へ負担を軽減して美肌つくりのためには、どんなに疲れて眠くてもメイクは必ず洗い落として寝ることです。

メイクを施すことにより、お肌にはきわめて大きなダメージがあると思うので、お肌に息抜きをさせてあげることが必要です。

オイルで落とすタイプやシートで拭うタイプなど様々なものがありますが、ミルクベースのメイク落としが、とてもマイルドな感じなのでオススメです。

洗顔や日頃のスキンケアも、いろいろなケア方法がありますので、自分の肌に合うかなと思うものを選んで試してみましょう。

例えば、乾燥肌のお悩みを抱えている女性は、スキンケアにはオイルのものを使い、オイルを使ってのマッサージを行ったり、オイルパックを利用したり、また、クリームの代わりに日頃からオイルを使用することにより、乾燥しづらい肌に改善して、常につるつるの肌になれて大変喜んでいます。

また、毛穴をキュッと引き締めるために収れん化粧水を使ってケアを行う方もいらっしゃいます。

皮脂の分泌を堰きとめてくれて爽快感もあったりするので、とりわけ夏場には欠かせないアイテムです。
顔の肌を清潔に保つためには、洗顔する必要がありますが、顔を洗いすぎると、むしろ肌を傷めてしまい、乾燥を招くことになりますので、洗顔を行った後は、欠かさず潤いを与えて保湿を行いましょう。

保湿には、化粧水しか使わないのではなく、乳液や美容液クリームも状況に合わせて使ってください。
「美肌を保つためには、タバコはダメ!」という言葉をよく耳にしますが、それは美白に関しても変わりません。

本当に、透き通るような白い肌にしたいと願うなら、タバコはすぐに止めましょう。

その理由は、タバコによるビタミンCの欠乏で、喫煙すれば、美しい肌になくてはならないビタミンCが破壊されてしまうからです。
敏感肌でお悩みの女性のスキンケア化粧品は、余分な成分が入っていないシンプルなものを選ぶようにしましょう。

バリヤ機能が低下して外部からの刺激が入りやすくなっている敏感肌は、少しでも刺激するような成分が化粧品に含まれていると、直ぐ肌に浸透してダメージを与え、赤くなったり、痒くなったりしてトラブルが発生してしまいます。
このように、美肌を保ち、肌トラブルを防ぐには、さまざまなケア方法がありますが、中でも、肌の乾燥はいろいろなトラブルを招く可能性があります。

ですので、スキンケアの基本は、しっかりと保湿して乾燥を防ぐこと、といっても過言ではありません。

そのためには、毎日のスキンケアで保湿効果の高い美容成分のセラミドを与えることが有効です。

セラミドは角質層の細胞間で水分や油分を溜めている「細胞間脂質」で、角質層は角質細胞が何層にも重なり合っていて、このセラミドが細胞と細胞の間を糊のように繋いでいます。

そして、このセラミドが、肌内部の水分を保って乾燥から肌を守り、また、紫外線などの外部刺激が入り込まないようにバリヤ機能を形成して守っています。

セラミドの他に、保湿効果の高い美容成分は、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどがあり、これらを豊富に配合した化粧品は、各メーカーから多くの種類の化粧品が販売されています。